「2015年8月」の記事一覧

女性向け副業は女性の強みを活かすべき

今やインターネット産業の需要はパソコンよりもスマートフォンからのアクセスによって支えられている傾向にあります。これは今後も邁進していくことでしょう。検索エンジンの大手Googleも、モバイルフレンドリーアップデートを行い、モバイルに対応していないサイトやブログは検索順位を下げるようにし始めました。これはGoogleも今後の主流はパソコンではなく、スマートフォンになるのだと考えているためではないでしょうか。

スマートフォンといえば、女性というイメージがありますが、まさにその通りです。主にスマートフォンで購買するのは男性よりも圧倒的に女性に傾いています。そのため、あなたが女性だとしたら適当に仕事を選ばないで、女性の考え方に共感できるものを選んだほうが、差別化できるのではないかと考えられます。そういう仕事は女性向け副業としていくつかあります。ダイエットは男性も行いますが、どちらかというと関心が強いのは女性なので女性向け副業に向いていますし、美容関係などはやっぱり女性向け副業といえるでしょう。

具体的にどういう働き方があるのかというと、まさにあなた自身がインターネットで買物をするときのことをイメージすれば掴めやすいといえるでしょう。男性にはその心理状況が幸か不幸か掴むことは容易ではない反面、女性ならその心理を手に取るように分かるはずです。

つまり女性向け副業は、その心理を巧みに利用してベネフィットに少しだけ力を入れてあげれば良いのです。もちろん、初めて女性向け副業を行うと上手くいかないこともあるかもしれません。むしろ大半がそういうことになるでしょう。なにごとにも経験が必要となってくることは疑いようもないので、少しうまくいかなかったからといって、早々に見切りをつけずに3年から5年くらいは続けてみるといいでしょう。周りの声に頼りたくなりますが、自分で経験して自分なりの答えを求めていくことが成功への近道かもしれません。

よくご馳走してくれるママ友の意外なヒミツ

仲の良いママ友が度々ランチをご馳走してくれます。彼女だって専業主婦のはずなのに、どうしてこんなにお金に余裕があるんでしょう。長年ずっと気になっていました。ですが友達とお金の話をするのはなんだか気がのらないので、ずっと聞けずにいました。
そんな私とは正反対の性格のママ友がいます。その人は思っている事は何でも口に出すタイプです。文句も時々言ったりもしますが、大抵が正論なので聞いていて嫌な気持ちになった事はありません。そんな彼女がある日よくご馳走をしてくれるママ友に質問していました。
質問の仕方もとてもストレートで、「どうしてランチをおごるお金があるの?旦那の給料が良いの?」って言ったんです。隣りで聞いていて私はハラハラしました。
私の心配をよそに、意外な話になりました。「実は主婦の副業を色々と試しているのよ」そう答えたんです。え?専業主婦だと思っていたのに実は違ったの?とても驚きました。
それにしても主婦の副業って何だ?そんな私の疑問も例のママ友がストレートに尋ねます。どうやら主婦の副業にも色々な種類があるようで、片っ端から試しているようなんです。
元々は自分のお小遣い稼ぎで始めたようなんですが、ある時からそれが趣味になってしまったとか。副業が趣味になるって面白いですよね。彼女にとっては副業もゲーム感覚なんだそうです。楽しい上に収入も入ってくるから良いんだそうですよ。専業主婦だけの生活だと毎日単調になってしまっていたから、これを始めてからは生活にメリハリが出ているという事も話してくれました。
そのママ友の話を聞けば聞く程、私たち副業していない組はグイグイ引き込まれていきました。素人でも簡単な主婦の副業をいくつか教えて貰いました。どこで仕事を貰えるのか、仕事をやる上で注意点はあるのか、稼げるのか、細かくしつこいぐらいに質問もしましたよ。ここぞとばかりに二人がかりで質問したので、ちょっと申し訳無かったと今は思いますが。
それと話をしていて知ったのが、旦那の稼ぎはそこそこのようで。妻側と子供側のお小遣いは例の副業で稼いだお金で全てまかなっているようです。そこは驚きですよね。楽しんで稼いだお金だからこそ、あれだけ気前よく他人にご馳走できるんだそうです。彼女を見習いたい所です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ